トップ / 効果的な余白のある印刷物

効果的な余白のある印刷物

印刷物の余白の意義

余白

余白を活用して印刷物を効果的に

エコの観点からビジネスの場面でもペーパーレス化が進んでいますが、データを画面で確認するよりも印刷された物の方が見やすかったり、使い勝手が良い場合があります。どんどん技術も発達していますし、素人でも業者に頼んだような物を作成できますので、安上がりです。不器用な方やセンスが無いと思われている方に取り入れて頂きたいのは、効果的な余白の使い方です。いくら説明文書であったとしても、端から端までぎっしり文字が詰まっていては読みにくいですよね。印刷した時に見やすくするなら、思っている以上に「何も書かない部分」を多くするのがコツです。そうすると、書かれている文字が目につきやすくなるので効果的な物が出来上がります。

余白が見やすくするポイント

文書などを印刷するとき、ついつい余白を省いて作成してしまうことがあります。刷る枚数をできるだけ少なくしたい、一覧性を高めたいという理由からこうしたことを行うことが多いですが、誰かに見てもらう、自分で利用するような文書においては、ある程度余裕を持たせておいたほうが使いやすく見やすい仕上がりになります。周囲や段落ごとの余白はできるだけ多めに取っておきましょう。ファイリングするときも余裕があったほうが良いですし、何か書き込むときにも余裕があったほうがスムーズに書き込めます。こうしたことを意識しながら印刷データを作成していきましょう。

↑PAGE TOP